資格認定団体のご紹介

画像

チャイルドマインダーを目指すにあたり調べていると、『NCMA』『BTEC』という言葉を目にすると思います。どういう関係性なのでしょうか?

BTECとは『Business and Technical Education Council』の略で、イギリスの資格認定機関Edexcelから発行される職業認定資格を指します。チャイルドマインダー資格を発行できるイギリスにおける認定校のひとつがBTECです。

Edexcelは、1836年創立の英国政府の認可を受けた英国最大規模を誇る資格付与団体です。現在はフィナンシャルタイムズ、ペンギンなどを傘下に持つ、世界最大教育事業者・Pearsonのグループ会社になっています。最新技術を駆使した革新的な評価方法、学習成果を定義する仕様書の品質レベル向上など、学習者の能力、知識を総合的に向上させることを目的として団体です。

Edexcelは、英国大学の入学基準資格、職業基準資格を数多く付与しており、その数世界100カ国以上・25,000ヶ所の教育機関や企業・団体に及びます。中でもBTECは登録者が多く、世界で約100万人もの人々が、認定職業訓練資格コースに登録していると言われているほど。世界各国に渡っているため、広く導入されていることがわかります。

イギリスでは、BTECなど各認定校で資格取得後、実務での知識(アレルギー知識など)をNCMA,UKで開催する講義で学んでいきます。つまり、認定校で資格取得しても、保育現場で活かせる情報や技術は一部しか学んでいないということ。イギリスではNCMA,UKが行う講座に参加は必須というのが実情です。

TOPへ戻る

資格の取得方法

チャイルドマインダーは、少人数保育のスペシャリストと呼ばれています。預かることができる子どもの年齢は、0~12歳が対象となっており、ひとりの資格者の子供の対応人数は、1~4人と規定で定められています。チャイルドマインダーの働き方は、保育園など施設に就職するのではなく、自宅を保育所として開業、あるいは依頼者宅で保育を行うことが多いです。

チャイルドマインダーになるためには、民間の認定資格を取得すること。必ず、チャイルドマインダーの資格認定を実施する団体の養成講座を受講・修了し、受験資格を得た上で受験。合格すると認定証がもらえます。

養成講座は、通学制・通信制・セミナー講座など。ライフスタイルによって選択可能です。受講期間は平均4~6ヶ月。社会人や主婦でも比較的取りやすいです。

試験合格率は、70~90%。かなり高いため、コツコツ勉強していけばむずかしい試験ではありません。保育士の国家試験合格率11~14%に比べると、今すぐ保育関係の仕事に就きたい人にはおすすめ資格と言えます。

TOPへ戻る