ベビーシッターとの違い

チャイルドマインダーとベビーシッターはどこが違うのか?

ベビーシッターはアメリカ生まれの仕事で、特に資格は必要なく、アメリカでは高校生や大学生の定番バイトとして定着しています。1970年代から日本でもベビーシッターサービスを行う団体が登場し、登録制で派遣されています。

対してチャイルドマインダーは、発祥の地イギリスにおいては、英国政府認定団体の全英チャイルドマインダー協会(NCMA,UK)による英国内での教育プログラム取得を必須とするもの。国家職業基準資格(NVQ)取得に連動しています。保育に携わる代表的職業で、プロの家庭的保育者です。

イギリスでは地域サービスが発展していった背景があり、現在も地方自治体のソーシャル・サービス部門に登録されています。登録に際しては、使用する部屋の広さ、安全性などの環境、マインダー自身の健康状態や資質も厳しくチェックされるほど。

利用者は、国の管轄の保育所・幼稚園、地方自治体管轄のチャイルドマインダーを自由に選択可能。チャイルドマインダーが保護者に安心な点は、子育て方針に沿ってきめ細かな保育を行ってくれること。

これらはすべて、日本におけるチャイルドマインダーにも継承されており、認定資格必須、子育て方針に沿った保育など新たな保育スタイルとして注目されています。

TOPへ戻る

保育士との違い

画像

チャイルドマインダーと保育士はどこが違うのか?

チャイルドマインダーは民間資格保持者、対して保育士は国家資格です。まずこれが最も大きな違いです。

民間資格であるチャイルドマインダーは、認定団体が複数あるため、信頼できる団体から資格を得ることがなにより重要です。就労形態も異なり、保育士は保育所など施設に勤務しますが、チャイルドマインダーは個人事業主となります。

保育士と違って独立できることが魅力であるチャイルドマインダー。資格取得後、自宅保育所開設のケースも多いです。ただし、預ることができる子供の人数が、資格者ひとりに対し、子供1~4人と規定で定められています。

仕事、給料の安定性では保育士が有利ですが、チャイルドマインダーは個人事業主なので、働き方を自由に選択可能。保育士・幼稚園教諭・看護師として働いてきた人が資格取得し、チャイルドマインダーとして独立するケースも多いです。

イギリスでは70年以上の歴史を持ち、保育を必要とする家庭の71%が利用しているメジャー職業。メディアで取り上げられることが増えたことから、日本でも今後の仕事の広がりに期待ができます。

TOPへ戻る