保育の需要と将来性

画像

チャイルドマインダーの需要は増えています。

この背景に、働くママのための保育園が、現在全国で2万5千人以上の待機児童がいる現状があります。都市部と地方での格差も大きく、大都市部では待機児童が発生している一方、過疎地の保育園では定員割れなども。ただ、都市部に関しては依然として保育施設が需要を満たしていない現状があり、子供を預けて働きに出たいママがかなりいるため、保育施設の需要は増える一方です。

一方で、チャイルドマインダーの少人数保育の良さを評価し志向する人が増えている背景もあります。自宅外に預ける保育スタイルではむずかしかった、細かな教育方針、しつけ方針など反映してもらえる保育スタイルは、チャイルドマインダーにより確立されたものです。働くために自分でできない子供の教育を、二人三脚的に子育てを担ってくれる保育スタイルを歓迎するのは自然な流れ。 加えて、保育施設という責任者が曖昧な相手ではなく個人事業主なため、個人を相手に信頼関係を結び、大事な子供を預けるスタイルも、チャイルドマインダーの需要を増やす理由といえます。

一方で、チャイルドマインダーの少人数保育の良さを評価し志向する人が増えている背景もあります。自宅外に預ける保育スタイルではむずかしかった、細かな教育方針、しつけ方針など反映してもらえる保育スタイルは、チャイルドマインダーにより確立されたものです。働くために自分でできない子供の教育を、二人三脚的に子育てを担ってくれる保育スタイルを歓迎するのは自然な流れ。

加えて、保育施設という責任者が曖昧な相手ではなく個人事業主なため、個人を相手に信頼関係を結び、大事な子供を預けるスタイルも、チャイルドマインダーの需要を増やす理由といえます。

TOPへ戻る

チャイルドマインダー講座の選び方

チャイルドマインダーの資格を取得したら、資格を生かして働くことを目標にしている人がほとんどです。

講座を選ぶポイントとして、講座内容はもちろんなのですが、『自分がチャイルドマインダーとして働くときのことまで考えて講座・学校を選ぶ』ことが実はなによりたいせつです。

資格取得後のサポート体制の有無は重要で、働くときに大きなポイントになります。加えて、サポート内容も吟味してください。どんなサポートがあると助かるか?としっかりイメージしながらスクール選択をするのがベストです。

たとえば、補償制度。預かる子供さんが万が一事故でケガをした場合、もしチャイルドマインダーの責任になると補償額は莫大なものになる可能性があります。満額の補償は個人契約保険ではむずかしいです。このため、スクールが団体保険として加入し、会員であるチャイルドマインダーが預かる子供の数に応じて掛け金を支払うシステムを導入しているようなら万全です。チャイルドマインダーにとっても、我が子を預ける保護者にとっても、双方の安心材料にもなります。

また、会員が常に質の高い保育が行うためのアドバイス、情報提供が行なわれること。ビジネスサポートとして、保護者との契約書締結方法など指導してくれること。あると非常に助かるサポートです。

TOPへ戻る